スタッフブログ

違う目線で

最近、少し時間がある時には「数独」というパズルをしています(ちょっとだけですけど)。
ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、9列9段あるマス目を3×3に分けて、各列・各段・各マス目に重ならないように1~9の数字を入れていくものです。
以前、「仕事は法律関係の仕事なんですが、ヒマな時は数独をしています。普段の仕事では、経理の方ほどは数字を扱いませんし、まったく関係ないことをして頭をリセットし、違う視点違う発想を養えたりするかもしれませんので。」
・・・という街頭インタビューをテレビで観て、あぁなるほどな・・・と、妙に納得したところがあり、自分でもするようになりました。
確かに同じことをしていたら、同じ目線同じ考えなどで凝り固まることもあると思います。
あるひとつの物や事象も色々な方向から見てみたら見方も違ってきますし、思わぬヒントにも気付ける可能性も生まれます。
普段からこういう様々なものに目を向けて、いろいろな変化に気付けるような毎日を過ごしていきたいと思います。

高知葬祭 畠中

関連記事