スタッフブログ

こどもの日

 

ゴールデンウィークの最終日、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

先日5月5日はこどもの日でしたね。そもそもこどもの日がなぜ休みなのか、祝日の
意味も分からないまま休みを楽しんでいませんか?
そういう私も、「こども」と名前の付く祝日ですから、子供のための成長を願うための祝
日かと思っていました。そこできちんと調べてみることにしました。

こどもの日はご存知の通り5月5日の国民の祝日です。
『国民の祝日に関する法律』によると
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」
とあります。子供の人格、幸福…というのはわかります、しかし最後にある「母に感謝
する」というのは????でした。
子供が主役と思っていた「こどもの日」・・・・
実は「母に感謝する日」ということは知られていないことと思います。
せっかく知ったのですが、既に5月5日は終わってしまいました。
そこで第二日曜日の母の日はきちんと「母に感謝」していきたいですね。

そこで
なぜ、5月5日が「こどもの日」になったのでしょうか?
5月5日は別名、端午の節句とうことは皆さんご存知ですよね。
古来より端午の節句には男の子向けの行事が行われており、その日を祝日にしよう
という動きがあり、1948年に国民の祝日となったのが、こどもの日の始まりです。

また、
なぜ、端午の節句が5月5日になったのでしょうか?
調べると
『端の意味…はし、始まり、初め   午の意味…うま、旧暦5月
「端」は始まり、「午」は十二支の5月ということ、さらに読み方が「ご」ということで
五に つながります。つまり、「端午」で5月初めの五という意味になるのです。』
ということでした。少し無理やりな感じはしますが・・・。

それでは、もうひとつ
そもそも端午の節句は男の子の行事なのでしょうか?
これも調べると
『端午の節句(5月5日)は、今ではこどもの日として祝日となっていますが、もともと
は菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を軒先に飾り邪気を払う、厄除けの日でした。
平安、奈良時代に中国から入ってきてから宮中行事になり、それが庶民にも広まり菖
蒲湯に入るなどの風習が定着していきます。
大きく変わったのは武家時代で、武士が 薬草でもあった菖蒲を「武を尊ぶ」尚武(しょ
うぶ)、さらに勝負(しょうぶ)という言葉にかけて男の子の行事としました。
そして、武士が端午の節句に兜(かぶと)や鎧(よろい)を飾るようになっていきます。
武士にとって兜や鎧は命を守る象徴であることから、男の子を災いから守ってくれる
よう願いを込めて飾るようになったんですよ。』
ということですので、5月5日が男の子の節句となる所以です。
ちなみに3月3日は桃の節句、ひな祭りで女の子の節句です。祝日など伝統的な日
というのは、色々な文化や伝統も組み合わさっていますが、意外と語呂合わせなどで
決まっているようです。

何げなくゴールデンウィークを過ごしてきましたが深い意味や由来があるんですね。
こどもの日の意味や由来がわかったので、来年の5月5日は子供の成長をあらためて願っ
て みようと思います。一年先のことですが。

その際は「母への感謝」も忘れずにしたいものです。

松山葬祭  内田

関連記事