スタッフブログ

知って得する豆知識パート18『いのちの恵みを喜ぶ』

法事でお参りをすると、たまに何種類もの果物やお菓子、お酒などで”占領”されているお仏壇に出会う事があります。
また、ご丁寧なことに位牌の前にも同様の食物やお茶、お水が置かれていたりします。
この場合、必ずと言ってよいほど、肝心のローソク立てや香炉、花瓶が”のけ者”にされ、経卓の上などにのせられていたりします。
お供えは、なにも沢山すればよいというものではありません。
それよりもお仏壇の中は秩序よく、調和のとれたお飾りにする事の方が大切だと言われています。
主食となっているご飯をはじめとして、”私たち自身”が生きていく上で欠かせない物であり、潤いを与えてくれる「食物の代表」であるわけです。
そうした、いのちの恵みを、仏さまのお恵みとして心から喜び、感謝する気持ちこそ必要だと考えます。

それでは皆様、次回又お会いいたしましょう!

今治葬祭 伊藤

関連記事