スタッフブログ

心清らかなれば人生の道は平らで安らかなものになる

 

先日読んだ本の中から一説
心清らかなれば人生の道は平らで安らかなものになる

なぜ「心を高める」ことが人生の目的、意義なのか。
仏教伝道協会が無料でホテルの部屋などに置いている『仏教経典』という書物があります。
その中で、お釈迦様は心について次のように表現されておられます。

この世界は心に導かれ 心に引きずられ 心の支配を受けている
迷いの心によって 悩みに満ちた世間が現れる
すべてのものは みな心を先とし 心を主とし 心から 成っている
汚れた心でものを言い また身で行うと
苦しみがその人には
ちょうど牽く牛に車が従うようなものである
しかし もしよい心でものを言い または身で行うと 楽しみがその人に従うのは
ちょうど影が形に添うようなものである
悪い行いをする人は その悪の報いを受けて苦しみ
善い行いをする人は その善の報いを受けて楽しむ
この心が濁ると
その道は平らでなくなり
そのために倒れなければならない
また、心が清らかであるならば
その道は平らになり 安らかになる
身と心との清らかさを楽しむものは
悪魔の網を破って仏の大地を歩むものである
心の静かな人は安らかさを得て
ますます務めて夜も昼も心を修めるであろう

心が濁ると、われわれが歩む人生は平らでなくなって、そのためにわれわれは倒れてしまうであろう。
一方、心が清らかであれば、人生という道は平らになり、安らかに生きることができるだろう。
お釈迦様は、心というものをこのように表現しておられます。
素晴らしいお言葉です!!

今治営業部 宮本

関連記事