スタッフブログ

「四十九日」とはどのような意味?

仏式の葬儀においては、四十九日法要が大きな意味を持っていることをご存知ですか?
人は亡くなったあと、7日毎に閻魔大王の裁きを受け、49日目に極楽浄土に行けるかどうかの判決が下される日が四十九日と言われています。

まず初七日には三途の川のほとりに到着し、故人が激流か急流か、暖流かのいずれかを渡るかの裁きが下される日です。
それ以降も7日毎に裁きが下されるため、遺族は7日毎に法要を行い、故人が極楽に行けるように供養するわけです。四十九日までは現世とあの世の間をさまよいながら最後の裁きを受けて決められた行先、来世に旅立つ日とされています。

最近では初七日法要を葬儀の当日に行い、四十九日法要は後で行うことがほとんどです。
この四十九日を境に故人はこの世よりあの世へと旅立ちます。
その行先は場所によって雲泥の差があるらしく、望ましい順に並べると「浄土」、「天道」、「人道」、「修羅道」、「畜生道」、「餓鬼道」、「地獄道」 だそうです。

仏教では輪廻転生といって、魂は天道から地獄道までの六道と呼ばれる6つの世界を生まれ変わりながら、善い行いをして徳をつむと最終的には浄土に行けるという信仰があります。この浄土は悩みや苦しみのない世界であり、目指すべき世界であるとのこと。
浄土に一度行くと、もう輪廻転生の輪から離れ、生まれ変わりはなくなります。仏教においては浄土がとびぬけた存在であり、最終的なゴールなのです。

四十九日法要は、故人の来世が少しでもいいところに生まれ変われるようにと親族が僧侶に読経をお願いするのが最大の目的です。よって、審理当日や審理前ではなくてはならないのです。本来の49日目、もしくはそれより前に法要を行うのはこのためです。
これらの意味を考えると四十九日までの大切さがわかりますね。

松山葬祭  内田

関連記事