スタッフブログ

働くとは

新入社員が入り、その子が働く姿をみて自分は何のために働くのかを考えさせられる時が度々あります。
マズローの欲求段階説というのがあり。米国の心理学者アブラハム・マズローが提唱した理論で、人にはさまざまな欲求があり、その欲求が段階的に満たされていくことで人間的に成長するというものです。この考え方に沿って働くことの意味を掘り下げると、今、自分が仕事に何を求めているのかがわかるということです。
モデルとしては

生理的な欲求…衣食住に困るような生活はしたくない

安全への欲求…十分な収入を得て安定した暮らしをしたい

社会的な欲求…組織に所属して仲間として認められたい

自我の欲求…高い業績を出し、周囲から尊敬されたい

自己実現の欲求…自分にしかできないことをやり遂げたい

例のひとつですがこれに自分を当てはめると、まだまだ低いところにいるなと実感させられもっと上を目指さなければと思いました。皆さんはどうでしたか?

今治葬祭 門田

関連記事