スタッフブログ

「働き方改革」

昨日は勤労感謝の日!

1948年に法律で定められた「勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日」とあります。

この意味から考えた時に、「働き方改革」が頭に浮かびました。

「長時間労働の改善に向けた、業務の効率化、生産性の向上」です。

2018年現在では、「勤労感謝の日」の意味に近付けるには、

長時間労働の改善に非正規と正社員の格差是正、

高齢者の就労促進という問題をクリアーする必要があります。

それに加えて、労働人口が想定以上に減少しており、外国人労働者の助けが必要になって来るという事です。

これからは言葉の壁もそうですが、外国人が亡くなられた場合の、

ご遺体の移送や葬儀も増える可能性があり、幅広い対応が求められて来ると思います。

 

東予葬祭 小番

関連記事