スタッフブログ

地中へ埋葬し自然に還る ~樹木葬とは~

最近よくお客様から「樹木葬について」尋ねられる事が増えてきました。
「葬」とついていますが、葬儀の種類ではありません。「お墓」の種類なのです。
樹木葬と呼ばれるものが出来たのは、2000年に岩手県にある知勝院というお寺で自然再生を取り入れたお墓がはじまりです。
「里山の樹木をお墓にし、後世に残す」事を大きな目的として始まりましたが、新しい墓地の在り方を示しました。
その中でも、◇継承者不要、管理(費)不要 ◇宗旨・宗派を問わない ◇一人一墓 ◇安価である といった従来のお墓にはないシステムが大きく反響を呼んだようです。
それから18年、一言で樹木葬と言ってもその形は様々となっています。
大きく分けると、「自然型」「プレート型」「墓石型」でしょうか。
「自然型」とは遺骨を清布に包み、購入した区画の地中へ埋葬するのですが、上に墓石は置きません。
目印を付けるために草花や樹木を植える所もあれば、目印も置かずに区画内へ納める場合もあります。出来るだけ自然のままに、という形のお墓です。
「プレート型」とは、樹木葬と呼ばれるお墓で一番数が多い形式であり、決められた場所の地中へ埋葬する…までは自然型と同じですがその上にプレート型の石を置き目印とします。
自然に還す事が出来、手を合わす対象が残せる事。長所を合わせた事で幅広く受け入れられているのではないかと思います。
「墓石型」は、いわば「ミニお墓」です。
家族形態が変化した今の時代に沿い、お骨を骨壺で納めるのですが少人数が入る事を想定しております。
シンボルツリーを囲む様な作りで、従来のお墓と自然をミックスさせています。
また「永代期間」での樹木葬ではなく、一定の期間「没後13年」などの区切りを持って墓じまいをするタイプも都市部では見受けられます。
区切りのあるタイプは、プレート型などでも地中にカロートを作り、骨壺で納める形式となっています。
樹木葬は主に霊園内で開発されますが、他県ではお寺の境内にあるケースもあります。
そのお寺では宗旨を問わず入る事が出来、読経が常に聞こえる本堂近くに眠れるつくりになっていました。
高知でもそんなお寺が無いだろうか、あればとても良いのに。と思い立ち、調査してみました。
しかし残念ながら現在高知では「樹木葬」をお寺の境内・本堂近くで展開されている場所は無い様でした。
そのお寺の檀家である方のみ入れる「納骨堂」(ロッカー型の納骨できるお墓のこと)は幾つかあり、拝見させて頂きました。
取り上げたいくらい凄い!所もありましたが、今回はテーマである樹木葬を調べる為、展開されている霊園を巡る事としました。
私が見て廻った霊園の樹木葬では「プレート型」の「1名用」が販売されておりました。
感想として、霊園の中にある事で非常に景観が良いというのが第一印象。
霊園なので水道なども使い易い場所にあり、お参りもし易そうです。
気になる価格ですが、全国的にみても安価な値段設定をされていて購入しやすく、なんと事前購入をされる方が7割を超えるそうです。
ある場所では見学に行った日も、ご友人らしき女性2人が並んで購入を決定されていました。
終活の笑い話で「ご主人と一緒の墓に入る事だけはイヤ」という現代の女性心理話を思い出し、ひょっとしてこの方たちはそうなのかな?と考えたりしていました。
実際のところは分かりませんが、やはりお墓の「時流」がこういった樹木葬であるとか、お寺で拝見した納骨堂などに変化していっているのではと思わされました。
現在の少子高齢化社会。将来子供や孫に迷惑を掛けたくない心理。年々増加する高い離婚率。と、従来のお墓を選ぶ事が家族の今後にとってデメリットとなる場合があるのでしょう。
ですが、樹木葬を選ぶ際に一番大切なのは周囲の理解を得る事です。
「自分らしさ」や「自然に還りたい、散骨してほしい」は、家族や周囲に伝わってこそ。
「子供に迷惑をかけたくない」気持ちでも、子供さんの理解は必要です。
きちんと周囲との会話をされ決める様にすべきです。
これは葬儀社を事前に決めておく際にも言える事です。
今後の人生を楽しむため、きちんと終活をしておきましょう。という「終活」の大半はご自身の意思を必要な方に「伝える」事にあるのです。
今回、「樹木葬」を調査している際に、思いもかけず「ここは凄い!お客様にご紹介したい!」と思った霊園がありました!
あまりに良く、管理されている方の人柄まで良かったため、こちらからお願いをしドリーマーが「販売代行」として契約致しました!
今後ですが皆様にご案内してゆきたいと考えています。
実際に以前から考えていた事があります。
私共葬祭の会社で葬儀をされた方、または今後葬儀をされる方との接点が葬儀だけではなく、後々の法事からお墓に至るまで。
全てに関われる事で地域から必要とされる会社になれるのだろうと。
その足掛かりになれば良いと思っています。

樹木葬に関しての詳しくはこちら →ドリーマー樹木葬特設ページへ

2月は★樹木葬説明会★樹木葬現地ご案内を毎日行っております。
相談にいらっしゃった方全員に記念品としてティッシュ5箱プレゼント!
また、当社樹木葬販売スタート記念として
★樹木葬成約プレゼント1 カタログギフト(ラミー)プレゼント!
★樹木葬成約プレゼント2 10,000円相当の当社施行割引券(冠婚葬祭使用可)
をご用意致しました。後学の為に参加でも結構です。
一度よろしければご友人と一緒に相談にお越し下さい!お待ちしております。

ご相談は、0120-370-983 ドリーマー高知葬祭館樹木葬相談窓口(担当町田)まで。

関連記事