HOME > 家族葬 

家族葬

近親者だけでゆったりとしたなか気兼ねすることなく
最期の語らいのひとときを過ごしたい
そんな想いをカタチにするのがドリーマーの「家族葬」です

家族葬とは?

家族葬とは?

基本的には普通のお葬式と流れは同じになり、家族葬に定まった形式はありません。

普通のお葬式との違いは、お声かけの範囲に制限をもうけて、近親者を中心にとりおこなうことを言います。

一般的にはその範囲は家族、親族までをいいますが、故人ととても親しかったご友人なども含むケースも多いようです。

ご家族でゆったりとお見送りできる反面、ご家族内での意向が固まっていなかったり、周囲にうまく伝わっていないためにトラブルが起きることもあり、充分な注意が必要です。

大切なのは故人やご家族の状況に応じて、どのようなお葬式がよいのかを考えたほうがよいでしょう。

家族葬とは?

家族葬と普通のお葬式との違い

普通のお葬式 家族葬
相違点 お葬式に呼ぶ方の範囲を限定しない
参列を希望される方はどなたでも来ていただく
会葬者の数の予想が難しい
お葬式に呼ぶ方の範囲を限定する
予定外の方の参列の希望はお断りする
会葬者の数の予想が容易
長所 会葬者への応対がほぼお葬式の日で済む
香典収入により費用負担は少なくなる
会葬者に気遣いする事なく故人を見送ることができる
短所 会葬者の方への気遣いや対応が増える お葬式の後もお参りに来る方の対応に追われる
香典収入が少ないため費用負担は多くなる場合がある
後に訃報を聞きお別れできなかった方から
不満の声があがる場合がある
もっと詳しく知りたい

ドリーマーが家族葬をお勧めするケース

ドリーマーが家族葬をお勧めするケース

一例として上記のようなケースがあり、故人や喪主となるご家族の方の会社関係、友人関係の参列がほとんどなくなってくる場合は家族葬でされてよろしいでしょう。
また、親族以外の方には後日改めてお別れ会などで参列の機会を設けられる場合なども家族葬
でされてもよろしいでしょう。

家族葬の際に決めておくべき事

家族葬の際に決めておくべき事

範囲をあいまいにすると参列者の中での不公平感がうまれ、場合によっては後の関係にまで響
く場合もあります。
「参列希望を断りきれない」、「範囲をかっちり決めたりはできない」といった場合には、後々の不満やトラブルにはなりにくい普通のお葬式をされたほうが良いと思われます。

ピックアップ

法事・法要

  • 粗供養品
  • スタイル・特徴
  • 会館葬
  • 家族葬
  • 社葬

ドリーマー公式マスコットキャラクター

ブログ

メールお問い合わせ 事前相談ご予約