家族葬詳細

家族葬をご希望の際に大切な事

ご家族内での最初の取り決めが一番大事

まずは家族葬をするにあたってのご家族内での取り決めをする必要があります。訃報連絡をされる範囲や会葬者をどこまでの範囲で区切るかというところとです。ここが一番重要となり、そこを曖昧にしてしまうと色々なトラブルが起こります。
また、お香典や供花などを受け取るかどうかも不公平の出ないようにできるだけ事前に決めておかれたほうがよろしいでしょう。

「家族葬でとり行いますので」は会葬のお断りにならない

葬儀をとり行うにあたって、呼ぶつもりではないが訃報の連絡をするところがあり、代表的なところでは会社関係などがあります。連絡をされる際の伝え方として「家族葬でとり行いますので」だけではお断りの意味とまではなりません。
会社関係以外でも、来てもらって構わないのであればそれだけでも大丈夫ですが、お断りをしたい場合には参列をお断りするところまでお伝えする必要があります。

あいまいな伝え方は相手の方が判断に困る

相手の方は「家族葬でするとは言っていたが訃報を知らせてくれたということは参列してもいいのかな」と受け取る方もおれば、「お別れに是非行きたいけど、家族葬ですると言っていたので行ってはいけないんだろうな」と受け取る方もおられます。また、訃報はそこから人づてに連絡がまわる事が多いので、その方の参列は構わなくてもそれ以外に広めてほしくない場合にはその方までで訃報連絡は留めてもらいたい旨もお伝えする必要があります。

予定していなかった方まで多数来てしまった

連絡を曖昧にしてしまうと、家族の知らないところで訃報連絡が人づてにまわってしまいます。故人となる方の交友関係などの広さによっては、いざ通夜・葬儀となったときに思った以上に人が来てしまう場合があります。
予想がつかないことが前提のお葬式でも、大幅に予想の範囲を超えてしまうと対応できないことがでてきます。お返しが足りなくなって渡せなかった。
会場に入りきれなくなりご迷惑をかけてしまった。などのことがあります。

本当に家族葬でよいかもう一度考えてみましょう

家族葬に参列される方は特に大切な方

家族葬の場合に参列されるようになる方は故人や家族にとって特に大切な方、縁の深い方のはずです。ですから事前の準備や決める事、訃報の連絡をされる範囲などは安易に考えず失礼のないように気をつけたほうがよいでしょう。

故人の交友関係を家族は意外と知らない

ひとえに親戚、友人、知人といっても個々それぞれに故人に対する思いがあり、最後にお別れをしたい・したかったという気持ちをもたれることはごく自然なことです。
もしあなたが親しいお友達を亡くされたときは最期にお顔をみてお別れをしておきたいと 思いませんか?
すべてが終わった後に訃報を聞きつけた場合、「お別れしたかったのになぜ知らせてくれ なかったのだろう?」と残念に思うはずです。

しっかりと取り決めしたうえでも起こりうる可能性のある問題

外部からの不満の声があがる場合がある

後日訃報を聞きつけた方から不満のお声があがるというケースがあります。特に親族の範囲などは、自分には連絡が来ず、参列できなかったというような状況ができてしまうと、今後の付き合いに影響がでてくる場合もありますので充分な注意が必要となります。

葬儀が終わった後に訃報を知った方の対応におわれる

きちんと取り決めされて葬儀を終えても、後日訃報を聞いた方が参列されるようになります。ご自宅に直接来られるようになり、その日や時間もばらばらとなります。また、何人もの方が入れ替わりで来られ、その度に同じ内容の話をされるようになるので、来てくださるのは有難い事なのですが、お葬式に参列いただいてその場で済ませておいたほうがよかったと思う方も少なくないようです。

葬儀費用の負担が多くなる場合がある

家族葬でされる場合には参列人数が少なくなる事が多いので、おのずとお香典による収入も少なくなってきます。 その為、普通にお葬式をされる場合より葬儀費用の負担が多くなってしまう場合もあるので、葬儀費用を抑えたい場合には逆に普通のお葬式にして制限をもうけず会葬に来ていただいたほうがよい場合もあります。

上記の事以外にもご家族の状況や地域によっても様々な違いがあり、その事をお亡くなりになってから決めていくのは大変な事となります。
ドリーマーでは事前相談に無料でいつでもご相談を承っております。お気軽にご連絡下さい

依頼・問合せ・相談はこちら
年中無休・深夜でも対応致します
高知 高知  0120-370-983
四万十  0120-129-432
愛媛 松山  0120-098-370
今治  0120-663-991
新居浜  0120-445-880
西条  0120-445-880