| 遺言について | 遺留分について |

法定相続分
遺言がないときは、法律で定められた「相続分」に従います。
これを「法定相続分」といいます。ちなみに「相続分」とは、相続する人が受け取る財産の割り当てのこと。

相続人が一人の時
一人が全財産を相続します。


相続人が複数の時
相続人の順位に従います。

(1)相続人が配偶者と子供のとき


相続分は配偶者が2分の1、子供が2分の1。



(3)相続人が配偶者と兄弟姉妹のとき
   〜被相続人に子供も親もいない場合〜

相続分は配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1。

 

(2)相続人が配偶者と親のとき
   〜被相続人に子供がいない場合〜

相続分は配偶者が3分の2、親が3分の1。


(4)配偶者と子供4人のとき
   〜同じ順位の人が複数いる場合〜

相続分は配偶者が2分の1、子供4人が残りの2分の1を均等分割。

ホームへ戻る
COPYRIGHT© 2001-2012 Dreamer Corporation All Rights Reserved.