葬儀後の手続き
葬儀の後はやることいっぱい!申請すれば葬儀費用が返ってくる!

挨拶回り
葬儀の翌日か翌々日に。
遅くとも初七日までには済ませます。葬儀委員長・弔辞拝受者・世話役、近所のお手伝いの方、勤務先の上司など、葬儀でお世話になった方にはなるべく喪主がご挨拶に出向きたいもの。場合によっては菓子折りなどを持参することも。

礼状・挨拶状

挨拶状にもいろいろあります
↑挨拶状の一例

一般の会葬者には挨拶回りでなく、会葬礼状を出します。葬儀のときに渡すのは略式で、あとから発送するのが丁寧な方法です。弔辞や弔電、お悔やみ状をいただいた方のほか、葬儀をお知らせできなかった方などへも送ります。忌み言葉を使わないように注意。
葬祭費の請求
故人が国民健康保険加入者なら、市町村の保険医療課へ申請します。手続きをすれば葬祭費が支払われます。また故人が社会保険の加入者なら、一般的に勤務先から所轄の社会保険事務所へ申請。手続きをすれば埋葬料等が支払われます。
年金を受給
国民年金加入者は遺族基礎年金・寡婦年金・死亡一時金のいずれかが支給されます。役所の担当者と相談のうえ、有利なものを選択して手続きします。厚生年金では故人の扶養家族に遺族厚生年金が支給されます。また共済年金の場合も遺族に遺族共済年金が支払われます。いずれも手続きが必要です。
生命保険
生命保険などの手続きは、通常2ヶ月以内に手続きを行います。
3年以内に手続きをしなければ権利は消滅します。
故人が加入していた保険については、証書や領収書でよく確認して手続きを行いましょう。
生命保険付きのローンや、簡易保険なども忘れずに。

他にも、残された遺族が行うべき手続きはたくさん。
葬儀時、葬儀後に慌てず、
すべきことの抜け落ちがないかを チェックするためのリストがあります。
チェックリストをご希望の方は、株式会社ドリーマーまでお問合せください。
(※高知県・愛媛県在住の方に限ります。)
高知市周辺の方は  → フリーダイヤル 0120-370-983
四万十市周辺の方は → フリーダイヤル 0120-129-432
新居浜市周辺の方は → フリーダイヤル 0120-445-880
今治市周辺の方は  → フリーダイヤル 0120-663-991
松山市周辺の方は  → フリーダイヤル 0120-098-370

ホームへ戻る

COPYRIGHT© 2001-2012 Dreamer Corporation All Rights Reserved.