お葬式コラム

知って得する豆知識パート17『宗教が異なる家族が亡くなったら~』

「死を悼み、遺徳を偲ぶ」
ことは、自らの信仰とは切り離し得ない心のはたらきです。
つまり、亡き人の死を縁に営まれる葬儀というのは、後に残った遺族、縁者が亡き人を悼み、その遺徳を偲ばずにはおれないという心情から行われる儀式であるわけです。
そう考えると、葬儀は遺族の心情(信仰)にもっともふさわしい宗教で行われるのが本筋ではないかと思います。
只、最終的には、遺族の代表者である喪主が決める傾向にあるかと思います。
それでは皆様、次回又お会いいたしましょう!

今治葬祭 伊藤

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

総合相談窓口バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

墓参り代行サービスバナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

葬祭・婚礼

コンテンツ