お葬式コラム

仏教の人間観について  

 

仏教の人間観について

仏教には、深遠な知恵を持たれた仏さまの目線(仏眼)でご覧になった人間の姿が教えられています。

これを、「法鏡(真実をありのままに映す鏡)」ともいわれています。

聞法とは、この法鏡に映った自己の姿を見ていただくこと、それは私たち人間観とは全く異なります。

例えば、私たちが自己を見ているのは、肉眼や虫眼鏡で手のひらを見るようなものです。一見して汚れていなければ、“キレイ”と判断する粗っぽい見方です。

しかし、その“キレイ”な手にも、雑多なバイ菌が存在し、時にその猛毒で命を失うこともあります。

仏眼という電子顕微鏡は、その目に見えない悪を克明に映し出します。

私たちが自覚している悪は氷山の一角です。知らずに犯している罪悪がいかほど多く、恐ろしいものかを、仏教の法鏡でよくよく見せていただかねばなりませんね。

今治営業部 宮本

 

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

総合相談窓口バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

墓参り代行サービスバナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

葬祭・婚礼

コンテンツ