お葬式コラム

共感と感銘

昨年末にテレビにて放映された、あるお寺の住職のお話です。

まず、事前の相談事でも、大切な方を亡くしたご家族からも、
ちゃんとその人その人の立場になって真摯に話を聞くという事。
そして知りえた情報をもとに、ご住職自らその人らしい葬送を考え、
プロデュースし、ご遺族の心に寄り添いながら
ふさぎがちな心をケアしている姿に
あらためて自分のするべき仕事とは何であるか
そしてグリーフケアとは、どうあるべきかという事に気付かされた思いでした。

これからも葬儀に携わる者として、人の心を大事にし、
支えとなれるように、進歩していきたいと考えております。

中村葬祭 横田

関連記事