スタッフブログ

自分らしいお葬儀の為に

つい先日ご訪問させていただいたお客様から、自分の葬儀は「自分らしいお葬式をしてもらいたい。」とお客様が言われました。
その際にお渡しさせていただいたのが【エンディングノート】です。
今回は【終活】の一部である、エンディングノートを紹介します。

まず近年当たり前に使われている【終活】とは、人生を終えるにあたり自分の人生を総括し見直すことで残りの人生をよりよいものにしていくための活動のことです。
その終活の最初にエンディングノートを書く方が増えています。

【エンディングノート】とは何かと疑問に思う方もいますよね?

エンディングノートは自分の人生の記録や残された人に伝えたい情報を書き記す冊子です。
このノートには書き方の決まりがないため自分の自由に書きことができます。

エンディングノートに記載できる内容や項目は
・自分について(生年月日、家系図、学歴)
・親族、関係者の情報(住所、連絡先、訃報連絡の有無)
・介護、治療、資産などについて
・遺言的な内容
 (エンディングノートに記載しても法的効力はありません)
・残された方へのメッセージ
・どのようなお葬儀をしてほしいか
簡単にあげさせていただいてもこのくらいあります。

ここ近年【終活】を行う方が増加される中、エンディングノートは
個人の自由に記載することができ、生前のうちに介護や資産などの
家族へ起こりうる負担を予測できたり残された家族の
負担を少しでも軽減することができるものです。
また自分の趣向品、遺影にしてほしい写真、エンディングノートに記載した
してほしい内容の資料などを一緒に保管しておけば自分の思いを
さらに伝えることができ、物を一緒に保管することで
文字以外で思いを伝えることもできます。
エンディングノートは先にもご紹介しましたが自由に書くことができ、
自分のペースで書けるところから書くことができますし、今現在思っていることを
書き、考えが変わると後から書き直すこともできます。
また無理に欄を埋める必要もなく、自由に作成できます。

ですが、法的効力がなく記載しても家族にエンディングノートの
保管場所を伝えていなければ意味がないなどのデメリットもあります。

自分らしいお葬儀を行うために、また残された家族のために
エンディングノートを作ってみてはいかがでしょうか??

関連記事