お葬式コラム

葬儀の受付について

葬儀の受付をされる方に、どのような挨拶、言葉を使えばよいのかわからない・・・
とのご質問をいただく事がありますので、今回は葬儀の受付での言葉遣い等についてお話します。     

●弔問、会葬客がいらした際には
通夜、葬儀にかかわらず、弔問にお越しいただいたお客様には
「本日はお忙しい中お越しいただきありがとうございます」と一礼と共にご挨拶します。
よく「ありがとうございます」は葬儀には不適切ではないかと気にされる方がいらっしゃいますが、あくまでもお越しいただいたことに対するお礼、感謝の言葉ですので、まずは礼をもって接するということを大事にしてください。

●お悔やみをいただいた際には
弔問客より、「この度はご愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」
等のお悔やみの言葉はいただいたときには
「恐れ入ります」とご挨拶ください。
この際は訃報に対してのお悔やみなので
「ありがとうございます」は不適切となります。

●香典をいただいた際には
こちらも「ありがとうございます」は不適切となります。
弔問客より香典をいただいたときには「お預かり致します」とご挨拶ください。
受付はご遺族だけでなく、故人の関係者や自治会等、様々な方がされるので、あくまでも香典はお預かりするという意味合いになります。
香典をどなたが管理するかは明確に決めておきましょう。

●ご記帳いただく際には
芳名帳に記入いただくときには
「恐れ入りますが、こちらにご記帳をお願いします。」とお声がけします。
葬儀場により多少異なりますが、記帳するカード等には
「お名前」「ご住所」「電話番号」「ご関係」等の記入欄があります。
「ご関係」については故人との関係や喪主、親族との関係、その他近所自治会、会社関係等があります。

●返礼品をお渡しする際には
会葬のお礼の品をお渡しするときには
「ご会葬ありがとうございました。どうぞお持ちください」と一礼しお渡しします。
その後開式時間までの時間次第でロビーでお待ちいただいたり、式場をご案内したりします。

●開式後、弔問、会葬客が落ち着いたら
あらかじめ決めていた香典管理者が、香典をまとめ、ご遺族にお渡しください。                             

葬儀の規模によっては受付の人数が多くなりますので
受付係、会計係、引換係、案内係等の役割を決めておくとよいでしょう。
また、当社では葬儀当日にお香典返しを行う即日返しや、受付の代行等も行っておりますので、
ご遺族のご都合、ご負担に合わせご相談ください。

関連記事