お葬式コラム

香典辞退について

最近の葬儀事情としては家族葬が増えていることは周知の事実ではありますが、それに伴い遺族が香典を辞退し、香典無、受付無で葬儀を行われることがあります。
しかし、遺族が香典を辞退すると伝えてきても、親族としては本当に香典は必要ないのか、気を使って言っているだけなのかわからず悩むのではないかと思います。

今回は香典を辞退された場合でも、遺族に失礼にならない弔意を示す例をご紹介いたします。

遺族が香典を辞退された場合には基本的に香典を用意する必要はないと思われます。
まずは遺族の意思を尊重することがマナーと言えます。ここで無理に用意した場合には、遺族の負担になってしまうこともあります。
それでも何か弔意を表したいという場合には、香典以外の方法で弔意を示すと良いのではないでしょうか。

香典以外に弔意を示す方法として、ひとつは供物や供花を贈るという方法があります。
供物や供花は故人に供えるものなので、十分に弔意を示すことができます。
香典と一緒にこれを送ると、費用をかけすぎてかえって負担になるという意見もありますが、香典を辞退されている場合であれば問題はないと思います。

また、香典と共に、供花や供物も辞退されている場合には、「何もしない」ことが一番ともいえます。

供物や供花、香典は無いからといって弔意が示せないわけではありません。
遺族としては参列していただき、焼香をあげてもらえることが重要なのです。
だから香典も供物も供花も全て断られた場合には、心を込めて故人を送り出すことが最善の供養ではないでしょうか。

また、ご遺族側のことにはなりますが、上記のように弔問客は香典辞退において多々悩むことが多いと思われます。
香典辞退でも、御足労頂いたことへのお礼として返礼品を準備しておくのも遺族側のマナーと言えるかもしれませんね。

松山葬祭 内田

関連記事