お葬式コラム

お数珠

今回は、葬儀やお法事など仏事に関係の深い「お数珠」のお話です。
そもそもお数珠とは、お釈迦様が「国の乱れを治めるため、無患子(ムクロジ)の実を繋いで仏の名前を念じなさい」と説かれたことが始まりです。
仏様と心を通わせる大切な法具で、お経や念仏を唱える時に使うことから、念珠(ネンジュ)とも呼ばれています。
数え方は一連(イチレン)、二連(ニレン)・・・と数えます。
正倉院には聖徳太子が愛用された蜻蛉玉(トンボダマ)で作られた数珠が現存しています。
このようにお数珠とはとても歴史のある、そして身近な仏具なのです。
ご葬儀やお法事、お墓参りの時のお数珠の使い方をご紹介します。

数珠の持ち方 
座っている時は、左手首にかけます。歩く時は、房を下にしてもちます。
焼 香 
焼香の時は、房を下に左手の親指と人差し指の間に掛けて、親指で軽く押さえます。
指は伸ばして両手を合わせます。

 数珠の種類や使い方は、宗派により異なる場合があります。
数珠は持っているだけで魔除け・厄除けになり、また福を授かると言われています。
数珠が切れると縁起が悪いと思われがちですが、実際には擦り切れるほどよく使ったということです。
仏具屋さんで修繕してもらい大切に使ってください。
時々数珠のお手入れをすると福があるかもしれませんよ。
 ご会葬として参列される時に、お焼香の仕方や数珠など、自分の家の宗派の作法でも問題ありませんが、伺った所の作法に合わせられると違和感なく過ごすことができます。

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

総合相談窓口バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

墓参り代行サービスバナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

葬祭・婚礼

コンテンツ