お葬式コラム

事前に知っておきたい喪主の役割とは?

葬儀の際に、喪主として何をすればよいか分からない。
事前に準備するものとして、何がありますか?

などの問い合わせをいただく場合があります。
 
喪主になると、葬儀の打合せからはじまり、さまざまな事柄を決めていくようになります。

・棺へ納めるものを準備する

お棺に納めてあげるものを副葬品といいます。
最後のお別れをされる時に、お棺の中に納めていただきます。
生前、趣味で集められていたものや、ご家族との思いでの品、ご友人との思い出、写真、洋服などを準備していただきます。

火葬場によっては、棺の中に納めることができないものもあったりします。
一般的には、火葬しにくい金属類やガラス製品、陶器などの品になります。また、よく聞かれるのがメガネです。メガネも燃えないため納めることはできませんが、ご遺骨と一緒にお骨壺へ納めることは可能です。

ペースメーカーの有無に関しましては、火葬の予約の際に申告する必要がありますので、ご使用されておれば、ご連絡をお願いいたします。

その他に納めたいものがあれば、ドリーマーの担当者にご相談ください。

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

総合相談窓口バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

墓参り代行サービスバナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

葬祭・婚礼

コンテンツ