お葬式コラム

忌明けについて

仏式の場合、人が亡くなり親族が喪に服す期間が明けたことを忌明けと言い、七七日、四十九日の事になります。
多くの仏式の教えでは四十九日までの間、故人様は仏様になる為の旅をしており四十九日をもって浄土へ往生されると言われています。
仏式の中でも浄土真宗は臨終と同時に仏様になる教えなので、この間は故人様に対し追慕し生と死を考え慎み深く生活する期間とされています。
宗派により教えは様々ですが、喪に服す期間が終わり1つの区切りを迎えたということで忌明けと言われています。
神式やキリスト教では50日が忌明けに相当します。
いずれもこの日は故人様が旅立つ日で、僧侶や親族、友人らを招き法事法要を執り行います。
故人となられた方が家を離れ、旅立たれるけじめの忌明け法要です。
その旅路が穏やかでありますように、ご冥福を祈り敬意をもって法事法要に参列いたしましょう。

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

葬祭・婚礼

コンテンツ