お葬式コラム

隠された想い

私は葬儀の担当業務に携わっておりますが
先日、葬儀の仕事中に自分の未熟さを痛感させられた事がありました。
担当を受け持つ事になったあるご当家の葬儀での事になります。
そのご当家は 故人がお父様 子供さんがお二人で長男(喪主様)と長女 お孫さん 曾孫さんもおられました。 
葬儀の打合せは、長男の喪主様と長女の方 お二人と行いました。
その打合せのやり取りを行う中で、私はお二方に対してある印象を抱きました。
長女の方は、リアクションもあり、不明な事などあれば質問で返ってくるなど
「お父様の葬儀を納得いくものにしたい」 という想いが伝わってくる様でした。
一方、長男の喪主様の方は口数も少なく、表情もあまり変えることなく淡々と、
といった様子でしたので、長女さんの様な想い・気持ちは持っていらっしゃらないのかな?
と自分勝手な推察がその時よぎりました。
その後も葬儀に向けてのお手伝いを行う過程で、喪主様のみとやり取りする機会が何度もあったのですが、依然として淡々と。という感じでした。
時は流れ 葬儀が開式 導師読経が終わり閉式 喪主挨拶 お別れの花の準備が整いお花・副葬品を手向けて頂きました。
長女をはじめ 皆さん哀しみのお別れをされる中 喪主様は変わらず 至って冷静といった立振る舞いに見受けられました。
最初の印象通り 「お父様への想いはあまり強くないのかな」 とよぎりつつ
最後のお別れをご案内した時でした。
喪主様が 棺の側まで歩みだし お父様のお顔に触れながら 顔を近づけ
お父様に必ず届く様な大きな声で
「 父さん ありがとう 」 と ・・・ 大粒の涙が頬を伝ってました。
衝撃が走りました 二通りの・・
一つは勿論 喪主様は「想い」が無かったのでは無かった! 表に出さなかっただけでした。
涙を堪える事に必死でした。
もう一つは 喪主様に対しての私の思い込みが違っていた事にです。
もし、喪主様には「想い」がないと決め込んで、長女さんをはじめ「想い」を感じ取れた方を重んじて進めていったとしたら 取り返しのつかない事になっていた という怖さです。
喪主様は「悲嘆」を抑えていらっしゃったのです。
そこに気付けなかった事にゾッとしました。
折角 「 グリーフケア 」を学んだのに活かしていない、自分の未熟さを痛感させられました。
幸い、私の思い込み違いがあっただけで、当然ながら喪主様に対しても誠意を持ってお手伝いしていましたので、葬儀後には感謝の言葉まで頂けました。
しかしながら、半歩踏み間違えてたらと思うと、反省するばかりです。
「 グリーフ(喪失による深い悲しみ) 」「 想い 」は千差万別。
「 隠された想い 」にも気付けるように、より一層精進いたします。

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

総合相談窓口バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

墓参り代行サービスバナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

葬祭・婚礼

コンテンツ