お葬式コラム

コロナ禍でのご葬儀

私たちがコロナウィルスの脅威にさらされはや1年。
日常生活でも徹底した感染予防対策に三密の回避が叫ばれ、葬儀のありようも密を避けての「家族葬」「リモート葬」へと様変わりした1年でした。

そんな折に、先日担当させて頂いたご葬儀でのことです。
ご主人が急逝され、残された奥様が喪主となりました。
ご夫婦に子供はおらず、親族も県外在住で緊急事態宣言下での移動を控える為、こちらには誰も来られないとの事でした。
実は奥様には認知症の初期症状があり、突然のショックも相まって打ち合わせも困難な状態だったのですが、その状況を知ったご夫婦のご友人の方が付きっきりでサポートをして下さったのです。
「私たちに血の繋がりはないけれど、若い頃から職場も社宅も一緒、遊ぶときも一緒、仲間に子供が出来れば皆で育て、ずっと家族同然の付き合いをして来たんだよ」
と、ご友人のお一人が話してくださいました。
お別れには近くに住むご友人が集われ、古い思い出話を交わし、温かいご葬儀となりました。
その後、奥様はご友人に支えられつつ、今後の為に成年後見制度の手続きを進めておられるそうです。

いかなる非常事態に見舞われようと、人生100年と言われる時代。
家族を看取った後、人生をどのように歩みどのように送られたいか?
残していく大切な人にどう生きていてほしいか?
その人が最期までその人らしく生きられるよう、あらゆる肩書を越え、目の前にあるご縁を確かな絆として育んでいく。
それが今の時代を生きる私たちのテーマなのかもしれません。
そんなことを考えさせられたご葬儀でした。

関連記事

葬儀保険バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

住所変更のお願い

住所、その他の連絡先を変更された場合は、変更後遅滞なく届け出てください。なお、この届出を怠った場合には、役務サービス等の提供が受けられない場合もあります。また、105歳を超えられた会員様は、互助会契約が失効する可能性がありますのでご注意ください。

会員管理グループ

高知市吸江90-1
Tel:088-884-5777

総合相談窓口バナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

墓参り代行サービスバナー|愛媛・高知の冠婚葬祭株式会社ドリーマー

葬祭・婚礼

コンテンツ