スタッフブログ

葬儀、ご縁

近年、昔から行われていた地域関係者等との関係性、役割が薄れてしまい
ご遺族と我々葬儀業者の間で葬儀が執り行われる、言うなれば「家族葬」「直葬」等
少人数でのお見送りを希望される方が多くなりました。
もちろん近親者のみでのお見送りをゆっくり行える事はご遺族にとっても、かけがえのない時間であり、否定するものではありません。
葬儀とは近親者の死を通して、遺されたものが故人を偲び、生前の厚情に感謝する場であり、あくまで故人が中心であるべきものです。
しかしながら故人を中心に考えた場合、遺族の方以外にも、故人を亡くした悲しみを持たれている方がいらっしゃいます。
生活環境の多様化により、地域関係者との関係も薄れ、故人の交友関係等もご遺族が知らないという事は多々あります。
故人様の生きてきた人生において、出会ったご縁に感謝する場として最後のお見送りを皆さんにしていただく。
そう考えたときに、本当に近親者のみで葬儀を行うかということを改めて考える必要もあるのではないでしょうか。
 
葬儀にかかわる我々葬儀業者は、故人様とご遺族の最後の時間に携わる短い時間において、
悔いの残らないお見送りしていただく為のお手伝いをさせていただく重責を担っております。
死の悲しみ、苦しみは故人にとっても、遺される側にとっても一時的なものではありません。
その自覚のもと、様々な葬儀形態のニーズに応え、ご遺族に寄り添った時間、ご縁を大切に今後も取り組んで参ります。
 

関連記事