家族葬

落ち着いた雰囲気の中で最期のお別れを近親者だけでゆったりとしたなか、気兼ねする事なく最期の語らいのひとときを過ごしたい。
そんな想いをカタチにするのがドリーマーの「家族葬」です。

ドリーマー松山葬祭館ホール1|愛媛県松山市の葬儀式場|株式会社ドリーマー

家族葬とは?

家族葬|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー

家族葬と言っても流れはお葬式と同じになり、定まった形式はございません。
普通のお葬式との違いは、お声かけの範囲に制限をもうけて、近親者を中心にとりおこなうことを言います。
一般的にはその範囲は家族、親族までを言いますが、故人ととても親しかったご友人なども含むケースも多いようです。

ご家族でゆったりとお見送りできる反面、ご家族内での意向が決まっていなかったり、周囲にうまく伝わっていないためにトラブルが起ることもあるため、お声かけの範囲などご家族内でよく話しあって決めていくとよいでしょう。
大切なのは故人やご家族の状況に応じて、どのようなお葬式がよいのかを考えた方が良いでしょう。

家族葬|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー

家族葬と一般葬(普通のお葬式)との違い

  一般葬
(普通のお葬式)
家族葬
相違点 お葬式に呼ぶ方の範囲を限定しない
参列を希望される方はどなたでも来て頂く
会葬者の数の予想が難しい
お葬式に呼ぶ方の範囲を限定する
予定外の方の参列の希望はお断りする
会葬者の数の予想が容易
長所  会葬者への応対がほぼお葬式の日で済む
香典収入により費用負担は少なくなる
会葬者に気遣いする事なく故人を見送る事ができる
短所  会葬者の方への気遣いや対応が増える お葬式の後もお参りに来る方の対応におわれる
香典収入が少ないため費用負担は多くなる場合がある
後に訃報を聞きお別れできなかった方から不満の声があがる場合がある

ドリーマーが家族葬をおすすめするケース

1. 故人となる方が高齢で、ご家族の皆様もお仕事を退職されて長く経っており、外部との付き合いなどがほとんど無くなっている場合

2. 家族葬でしたいという強い希望があり、友人知人などの会葬者への対応をしっかりと決められているような場合

3. 一旦家族葬で葬儀を終わらせ、後日外部の会葬者向けのお別れ会などを予定されているような場合

一例として上記のようなケースがあり、故人や喪主となるご家族の方の会社関係、友人関係の参列がほとんどなくなってくる場合は家族葬でされてもよいでしょう。
また、親族以外の方には後日改めてお別れ会などで参列の機会を設けられる場合なども家族葬でされてもよいでしょう。

家族葬の際に決めておくべき事

1. お葬式に呼ばれる方をどの範囲までにするか?

2. 予定外の方からの参列希望があった場合にどうするか?

3. 香典や供花は受け取るのか辞退するのか?

範囲をあいまいにすると参列者の中での不公平感がうまれ、場合によっては後の関係にまで響いてしまう場合もあります。
「参列希望を断りきれない」「範囲を決めたりはできない」といった場合には、後々の不満やトラブルにはなりにくい普通のお葬式をされたほうが良いと思われます。

お問い合わせ

資料請求_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー

お供えカタログ

お供え品_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー

葬儀

スタイル特徴_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー
会館葬_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー
家族葬_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー
社葬_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー
法事法要_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー

ブログ・お客様の声

スタッフブログ_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー
お客様の声_バナー|愛媛・高知の葬儀式場|株式会社ドリーマー